MENU

ヒルドイドクリームを手に入れる方法は?

 

どうしてもヒルドイドクリームが欲しいのにどうしたら手に入るかわかならない・・・という方も沢山いると思います。
そこで、ヒルドイドを入手するための3つの方法をご紹介致します。

病院で処方してもらう

ヒルドイドクリーム

病院で処方してもらうと言っても、やはり医薬品なのでお医者さんも理由もなく処方するわけにいかないものです。
思い切って「乾燥肌なので保湿剤としてヒルドイドクリームを処方して欲しい」と正直にお願いしてみましょう。
お医者さんによってはスムーズに処方してくれる事もあるようですが、全てのクリニックで必ず処方してくれるとは限らないようです。一度最寄りの皮膚科にて相談してみましょう。
保険適用で処方してもらえるなら一番良いと思いますので。
ちなみに私は、病院でヒルドイドクリームを処方していただけた事はないですが、処方してもらえたという友人はいます。
もし処方して貰えなかった場合、いくつかのクリニックを回ってみてもいいかもしれませんね。

 

薬局やドラックストアので市販薬

ヒルドイドクリーム

そもそもヒルドイドクリームの主成分はヘパリン類似物質で、ヘパリンとは体内にあるムコ多糖類の1つです。
サプリメントや美容関連等で目にするヒアルロン酸や、グルコサミンやコンドロイチン等もムコ多糖類の一種となります。
ムコ多糖類は皮膚や関節、内臓などの体内のいたる所にあり、細胞と細胞を繋ぐ役割があります。
また水分保持だけでなく、血液凝固を阻止したり、コレステロール値を下げてくれる役割も合わせ持ちます。
ヘパリンの水分保持の役割が、お肌の潤いを保持してくれたり、細胞に栄養を運んだり、また細胞から出た老廃物を運んでくれるのです。
ヘパリンの働きに似せて開発されたのがヘパリン類似物質なのです。
話は戻りますが、そんなヘパリン類似物質が含まれたクリームなどは市販でも手に入ります。
ただし、他の成分も含有されていたり、ヘパリン類似物質の成分量が少量だったりという大きなデメリットがあります。

 

個人輸入代行でヒルドイドを購入する

ヒルドイドクリーム

これが一番、簡単に手に入れる方法でしょう。
処方せんなども必要なく、ヘパリン類似物質の成分も多く含まれているヒルドイドクリームを購入できるのです。
もともと日本の病院で処方されている医薬品のほとんどが海外の製薬会社で作られたものなので、海外製だからという心配はしなくて良いと思いますが、個人輸入代行のお薬の中には偽物も含まれています。
なので、信用できるサイトを利用する必要があります。
私がオススメできるサイトのリンクを貼っておきましたので是非ご利用下さい。
病院で処方してもらうよりも手軽に、しかも低価格で購入できるので、個人輸入代行会社で購入するのが一番オススメです。